高血糖が続くことで網膜にも悪影響

血糖値のコントロールが正常に行われなくなり、高血糖が続く病気を糖尿病といいます。糖尿病になったからといって、すぐさま何かしらの症状が現れるわけではありません。

長い年月をかけて、目や腎臓、神経を傷めていきます。このうち、目に起こる「糖尿病網膜症」は、日本人成人の中途失明原因の2位にあげられています。

では、この糖尿病網膜症がどのように起こるのかですが、高血糖、いわゆる血液中に糖が多く含まれた状態が続くと、血液が粘りけを帯びて血管がつまりやすくなります。すると、血管そのものが傷みやすくなるほか、ごく微小な血管が集まる組織が多大なダメージを受けることになります。

そのごく微小な血管が密集している網膜もその1つで、高血糖により悪影響が及びます。高血糖により網膜での血流が悪くなると、酸素や栄養をなんとか取り込もうと、新生血管という、細くてもろい血管が発生します。これが破れて、網膜の表面や眼球内に出血が広がると、視力が著しく低下したり、黄斑変性症・白内障・緑内障といった目の病気も発生しやすくなるのです。

糖尿病網膜症は、糖尿病と診断されて10年ほど経過してから症状の出てくることが多く、またかなり進行しても視力の低下などの自覚症状がほとんどないはくりため、眼底出血や網膜剥離を起こしたりして発見されることが少なくありません。

ルテインは水晶体や網膜を活性酸素から守る

こうした糖尿病網膜症を防ぐにはレスベラトロールの摂取もいいでしょう。とはい、え、根本的には糖尿病が原因になっているので、レスベラトロールの補給のために赤ワインを飲むのは好ましくありません。

糖尿病の食事対策としてはいろいろな方法がすすめられていますが、どんな食事対策でも緑黄色野菜はしっかりとるべきだとされています。

緑黄色野菜には高血糖を抑える栄養成分が非常に多いし、カロリーも少ないからです。そうした緑黄色野菜に多く含まれているある成分が、糖尿病網膜症そのものの撃退に有効であるということが最近の研究でわかってきました。

その成分とは、「ルティン」です。そもそも、日の水晶体(カメラのレンズの役割をする組織) や網膜は、活性酸素(攻撃力の強い酸素) の害を受けやすい部分ですが、その活性酸素から自身を守る成分が含まれています。それが、ルティンというカロテノイド(色素成分)の一種です。

ルティンは、活性酸素の害を防ぐだけでなく、活性酸素の発生原因となる紫外線や、可視光線(目に見える光線) のうちの青白色の光を吸収して眼球内の組織を保護するすごい働きがあります。そうしたルティンの最新研究が、2010年の日本眼科学会で発表されました。

ルテインを実際に使用した例はこちら。

それは、糖尿病を発症させた実験用のネズミに、ルテインを継続的に摂取させることで、糖尿病により本来は低下する視細胞の情報を伝達するたんばく質の量が正常値を保った、という発表です。

これは、ルティンが網膜の神経を強めて、糖尿病で起こる糖尿病網膜症などの目の障害を防ぐ可能性があることを示した試験であるといえます。こうしたことから、高血糖の人にはルティンの摂取をぜひともすすめたいと思います。

ほうれん草3分の1束が1日の所要量

ルティンは、水晶体や網膜に蓄積されていますが、人間の体内で作り出すことができません。そこで、日常の食生活でルティンを補う必要があります。ルティンは先にも述べたとおり、緑黄色野菜に多く、特にホウレンソウ・ブロッコリー・葉レタス・グリーンピースなどに豊富だということがわかっています。また、あまり身近な食品とはいえませんが、キャベツの原種で青汁の材料として用いられるケールにルティンがたっぷり含まれていることがわかっています

パソコン操作が長時間続く仕事が原因

軽度の近視で、視力が右0.6、左0.7でしたが、なるべく裸眼で過ごしてきました。しかし、50歳を過ぎて老眼が出てきたことに加、え、1日に6時間も仕事でパソコンの画面を凝視する日が多くなり、仕事中だけは老眼鏡を使うようにしました。

夕方になると現れる目のショボつきに悩むようになつたのは、今から4年前でした。「夕方になると目の疲れがひどくて、ショボついてくるのです。目が乾いて頻繁にまばたきをしなければならず、目薬が手放せない状態でした。

しかも、夜、家に帰って新開を見ていても、ピントが合わず、小さな文字が見づらくて困ることが多くなりました。

」さらには、パソコン仕事を始めるようになってから、ひどい肩こりにも悩まされていました。マッサージに通ったこともありましたが、その場しのぎにしかなりませんでした。

そこで、目の疲れを解消するのにいい方法はないか、と知人に相談したところ、黒スグリの栄養補助食品のことを教えてもらいました。

10日で目の乾きも治った

早速、黒スグリの粒状の栄養補助食品を手に入れて、1日3回、毎食後に3粒ずつ飲んでみることにしました。すると、その効果はすぐに現れ、目のピントが合いやすくなり、視界がクッキリしてきたのです。

そして、1週間ほどで、目が乾かなくなり、まばたきの回数も減ってきました1ヶ月ほど経過すると、いつもなら夕方にショボつくはずの目がスッキリしたままで、疲れ目も感じなくなっていることに気がつきました。

毎日仕事を終えると、目が疲れて新開を読む気にもなれなかったのが、今では裸眼で読めるようになったのも大きな点です。

さらに、つらかった肩こりまで改善してしまいました。パソコン仕事で目を酷使することでこり固まった肩が、いつのまにか、とてもらくになっていました。それまでは疲れると肩がパンパンに張っていたのですが、それもなくなりました。

黒スグリをこのままとりつづければ、老眼もこれ以上進まないのではないかと期待してしまいます。

目がスッキリして、毎日の生活がとても快適になりました。これからもずっと黒スグリを愛飲したいと思います。

近視用の眼鏡と老眼鏡を併用

もともと両眼とも1.0視力が、右目は0.6、左目は0.8に下がったため、車の運転時に近視用の眼鏡をかけていました。

また、刺しゅうが趣味で、日ごろからよく目を酷使していたせいか、50歳を過ぎたら手元が見にくくなり、老眼鏡も併用していました。

そんな桑原さんは、1年ほど前から目頭の痛みと、体金体の重だるさを覚えるようになりました。
さらに、私を悩ませたのが、日常生活に欠かせない車の運転をするときの見にくさでした。特に薄暗い夕方に、運転をするときが大変でした。ヘッドライトをつけていても、目がショボついて遠くの景色がぼやけてしまい、運転が怖くなってきたのです。そのせいで、昼間でも30分以上は運転しなくなってしまいました。

そんなとき、友人から、目のショボつきの解消にいいという黒スグリの粒状の栄養補助食品を紹介されました。

なんと!老眼も改善して老眼鏡も不要に

早速、黒スグリの栄養補助食品を入手して、朝・昼・晩の1日3回、毎食後に2粒ずつとるようにしました。

黒スグリの効果は、すぐに現れました。心なしか周囲の景色がハツキリ見えるようになり、2週間ほど飲んだら、いつも重だるかった目がスッキリして、目頭の痛みが消えてきたのです。そして、2ヶ月ほどたつたころ、夕方に車の運転をしていても、目のショボつきがなくなり、視界がぼやけることもなくなっていたことに気づきました。

さらにちょうどそのころ、運転免許証の更新があり、驚くような結果が出たのです。それまで、運転するときには眼鏡の着用が条件となっていました。ところが、免許証の更新時の視力検査で、眼鏡着用の条件が、不要になったのです。

すぐに黒スグリのおかげだと思いました。今では近視の眼鏡をかける必要もほとんどなくなり、趣味の刺しゅうをするときに老眼鏡をかけなくてもすむようになりました。

老眼鏡をかけるのが好きではなかったので、老眼鏡なしで刺しゅうをできるようになったのはうれしいかぎりです。

目の重だるさがなくなると、肩や首もこりにくくなるので、趣味に没頭できますし、以前は、車で遠出をするのが好きだったので車の運転も楽になって言うことなしでとても感謝しています。

最近は、黒い点が視界にありわずらわしかったのですがルテインがいいと聞き、飲んでいますが、これも2週間程度で消えました。

目のためには目を休めれば回復するとばかり思っていましたがやっぱり目のためにいい栄養素を摂ることで回復することがよくわかりました。
日頃、目のためにいい食品なんて意識したことがなかったのでこれからは目にも優しい食事を意識しようと思います。

ピント調整力は試験で確認済み

黒スグリに含まれるポリフェノール(植物や果実の色素成分) の一種、アントシアニンには、遠近のピント調節をつかさどっている毛様体筋の血流を促す効果もあります。こちらでも紹介したように、物が見えにくくなるのは、水晶体( カメラでいうレンズに相当する部分)を薄くしたり厚くしたりして、毛様体筋が緊張を強いられてこった状態になり、ピントフリーズ現象( 一時的に近視状態になること) を起こすことが一因です。

黒スグリをとれば、目の血流が促されて毛様体筋のこりがほぐれ、ピントフリーズ現象の改善に有効であることが試験でわかったのです。
その試験は、軽度の近視である20人(平均年齢20.9歳)を、黒スグリのアントシアニンを含む飲料を飲むグループと、含まない飲料を飲むグループに分けて行われました。

その後、被験者には、一時的な近視状態になるように、パソコン操作を2時間続けてもらい、作業の前後で目の屈折度数(ピント調節を行う水晶体の働きを示す値) の平均値(屈折値)の変化を調べたのです。

その結果、黒スグリの飲料をとつたグループは、作業後に目の屈折値が悪化せず、作業前後で明確な差は認められませんでした。一方、黒スグリの飲料をとらないグループでは、作業後の屈折値が悪化して、一時的な近視状態に陥ったのです。この結果から、黒スグリをとると、目の血流が促され、毛様体筋のこりが解消し、ピントフリーズ現象を予防できることがわかりました。

また試駿後、被験者に首・腕・目・肩・腰の5ヶ所の疲労度を自己申告してもらいました。すると、黒スグリをとったグループはいずれも疲労度が低く、特に目と腰で大幅に疲労度が軽減していたのです。<

ブルーベリーよりも効果大

ところで、黒スグリとブルーベリーでは、ピントフリーズ現象の抑制効果にどれだけ差があるのでしょうか。

それを調べるために、軽度の近視である10人(平均年齢28.4歳)を対象にした試験が行われました。
この試験では被験者を、1.黒スグリのアントシアニンを含む飲料、2.ブルーベリーのアントシアニンを含む飲料、3.どちらのアントシアニンも含まない飲料をそれぞれ飲むグループに分け、2時間のパソコン作業のあとに目の屈折値を比較しました。すると、作業後に屈折値が改善していたのは、1.黒スグリを含む飲料を飲んだグループだけで、ほかの2グループは、逆にピント調節力が低下していたのです。

この結果を見ても、黒スグリのアントシアニンは、目のピント調節力を高めて、疲れ目を防ぐ栄養として、大変優れていることがわかります。

4種類のアントシアニンを含む

夜間に目がショボついたり視界がぼやけたりするのは、目の奥にある網膜(カメラのフィルムに相当する部分) の血流不足が原因の1つとなっています。そうした網膜の血流不足を解消すると、黒スグリという果実が注目されています。黒スグリは直径1cmほどの濃い赤紫色をした果実で、イチゴやブルーベリーなどと同じべリー類に属します。もともとは北欧やニュージーランドなどの寒冷地が主な産地で、日本では青森県が特産地です。欧米では、昔から黒スグリがジャムやジュース、菓子の材料として用いられ、民間薬としても珍重されてきました。それが最近、黒スグリをとると、目の健康を増進できることが数多くの研究で明らかになり、眼科医の間でも話題を集めています。黒スグリの特徴としては、まず網膜や視神経、毛様体筋(目のピント調節を行う水晶体の動きをつかさどる筋肉) の血流を促すアントシアニンというポリフェノール(植物や果物に含まれる色素成分)を多く含むことがあげられます。黒スグリに含まれるアントシアニンの量は、同じペリー類で目にいいことで知られるブルーベリーの実の3倍以上もあるのです。ひとロにアントシアニンといってもいくつか種類があり、黒スグリには4種類が含まれています。このうち、デルフィニジン-三-ルチノシド(D3R)と、シアニジン-三-ルチノシド(CSR)というアントシアニンは黒スグリ特有のものでブルーベリーやかのペリー類には含まれていません。この2種類を含む黒スグリが、目の不快症状や眼病の改善に役立つことは、最新の研究結果で明らかにななっています。

視神経と網膜の血流が2割もアップ

正常眼圧緑内障の患者さん30人(50~80歳)を対象に、黒スグリから抽出したアントシアニンを1日150mg半年にわって飲んでもらう臨床試験を行いました。そして、試験期間中に網膜をそして、試験期間中に網膜をはじめ、視神経の根もと(視神経乳頭という) の血流量を測定したほか、視野の変化を調査したのです。

その結果、2ヶ月後には、網膜と視神経の血流量が平均で2割増加していました。網膜や視神経の血流が2割増えれば、光を感知する網膜の働きや、情報を脳へ伝える視神経の働きも高まると考えられます。
これも、黒スグリのアントシアニンの特徴である、強力な抗酸化力(攻撃力の強い活性酸素の嘗を抑える力)が、網膜や視神経の血管を丈夫にし、血流を促す原動力になったことは間違いありません。

この試験では、被験者から「視野が明るくなった」「目が疲れにくくなった」などの感想が数多く寄せられたそうです。さらに、黒スグリのアントシアニンには、体に速やかに吸収されるため速効性があり、そのうえ効果の持続時間も長いという特徴があります。

黒スグリのアントシアニンをとったあとに血液の変化を調べると、血液中のアントシアニン濃度は摂取後から15分で上昇しはじめ、1~2時間後に最高となります。その後、ゆるやかに濃度は下がりますが、8時間は血液中に残っていることが報告されているのです。

このように、網膜の感度を高めて、夜でも視界を良好に保つ優れた効力を示す黒スグリですが、日本では、生の果実を入手するのは難しいので、ジャムやジュース、ドライフルーツなどの加工食品からとることになります。また、効率よく黒スグリのアントシアニンをとりたい人には、通信販売や薬局などで各種市販されている栄養補助食品の利用が便利なので、おすすめします。

黒すぐりが入手しにくい場合は、アントシアニンが豊富なブルーベリーを少し多めにとるといいでしょう。

夜になると目が疲れて視界がぼやけてしまう

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

網膜と視神経の血流不足が原因

星間は周囲の景色がよく見えるのに、夕方以降になると目がショボついたり、視界がぼやけたりする症状に悩む人が増えています。 夕方、車を運転するさいに標識や信号、歩行者を見落として、心臓がとまるかと思うほどどきっとした経験があるかと思います。。

夕方になって目が疲れ、見え方が大きく変わる人は、目の奥にある網膜(カメラのフィルムに相当する部分)の血流不足が、原因の1つとして疑われます。

ご存じのように、瞳孔(黒目)から入ってきた光は、水晶体(カメラのレンズに相当する部分)で屈折して、網膜上で像を結びます。

しかし、これだけで私たちは「見えた」と感じることはできません。網膜で感知された情報が脳に信号として送られ、その信号を脳が読み取ったときに、初めて「見えた」と感じるのです。

このとき脳に信号を送っているのが、網膜につながる視神経です。そして、視神経が正常に働くためには、網膜に無数に張り巡らされている毛細血管の血流がスムーズである必要があります。なんらかの原因で網膜が血流不足に陥ると、網膜の働き自体も衰えると、光を感知しにくくなって、夜になると一時的に視力が低下してしまうのです。

ピントを合わせる毛様体も緊張している

さらに、夜に目がショボついたり、視界がぼやけたりする次なる原因として、水晶体の厚みを変えて目のピント調節を担う筋肉(毛様体筋) の疲労もあげられます。近くの物を長時間凝視したり、星間、日を酷使したりすると、毛様体筋はずっと緊張を強いられるため、こつた状態になります( いわゆる肩こりと同じ)。

すると、毛様体筋がうまく働かなくなってピント合わせがしづらくなるのです。.これは一時的に近視を起こしている状態で、「ピントフリーズ現象」と呼ばれます。

ピントフリーズ現象が起こるしと、遠くを見ても毛様体筋が弛緩しないので、遠くにピントを合わせづらくなります。そのため、夜の視界がぼやけて車の運転が心もとなくなるなどの症状が現れてしまうのです。

さらに、もう1つ、夜に目がショボつく原因があります。それは、涙の分泌の減少です。昼間、目を酷使している間は、無意識のうちに、まばたきの回数が減りがちです。パソコンで仕事をする人や、車を長時間運転する人、細かい手作業を行う人は、特にその傾向が強くなります。

まばたきが少なくなって、涙の分泌が減少すると、一時的なドライアイとなって、角膜への酸素や栄養の供給が減り、角膜そのものが乾いて傷みやすくなります。そうなると、目が重だるくなったり、目をあけていられなくなったりすることがあります。夕方になると疲れ目を覚える人が多いのは、そのためです。

網膜の血流を促すのはアントシアニン

こうした目の不調を感じたら、すぐに眼科を受診して、適切な治療を受けることが大切です。

それに加えて、網膜をはじめとした目の血流を増やし、毛様体筋のこりをほぐし、涙も増やす栄養をふだんから積極的にとることもおすすめします。

そのための栄養として、近ごろ注目されているのが、ポリフェノール(植物や果実の色素成分) の一種であるアントシアニンです。

アントシアニンは、強い抗酸化力(攻撃力の強い活性酸素の害を抑える力) を備えており、毛細血管を強化して網膜や視神経、毛様体筋の血流を促す効果に優れています。

それによって、網膜や視神経の働きが高まるばかりか、毛様体筋の緊張も取れて、涙の分泌も促されます。そうなれば、夜になって、目がショボついて視界がぽやけることを防ぐ効果も期待できます。

アントシアニンは、赤ジソや果物のブドウ、ペリ1類に多く含まれています。中でもブルーベリーは、アントシアニンの含有量が多く、視力回復に役立つ食品の代名詞として広く知られてきました。ブルーベリーについてはこちら

最近では、ブルーベリーよりもアントシアニンを格段に多く含み、目の健康増進にずっと役立つ新たな食品が見つかり、注目を集めています。それは、黒すぐりという食品です。